ムダ毛の自己処理と脱毛サロンの違いは何?

ムダ毛の自己処理と脱毛サロンの違いは何?

ムダ毛処理は多くの女性にとって日常の一部とも言える当たり前の行為ですよね。

カミソリで…除毛クリームを使って…など人によって様々ですが、自己処理とサロン脱毛にどれだけの違いがあるでしょうか?

本記事は自己処理のメリット・デメリットに触れつつ、脱毛サロンの魅力を詳しく紹介します。

目次

自己処理別のメリット・デメリット

ムダ毛処理に関して多くの人が行っている代表的な自己処理方法を紹介しつつ、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。大きく分けると以下の3つの方法が一般的だと思います。

  • カミソリ
  • 除毛クリーム
  • 毛抜き

ムダ毛自己処理方法1:カミソリ

毎日お風呂でカミソリを使ってムダ毛処理する方法は最もスタンダードな自己処理のひとつです。費用は当然かからないし、お風呂に入るついでに出来る手軽さからカミソリを利用してムダ毛処理している人も多いでしょう。実際に筆者も毎日カミソリでムダ毛処理していました。

ですがカミソリを使った自己処理には様々なデメリットやリスクがあります。

  • カミソリの刃でお肌にとって大切な角質もそり落としてしまう
  • 表面上のムダ毛だけを剃るのですぐに生えてくる
  • カミソリの継続利用により肌が黒ずんだり皮膚が固くなる

カミソリの場合、皮膚から出ているムダ毛をそり落とすことしかできないので、肌の色や毛の太さによっては見た目的にムダ毛が見えてしまう人も少なくないでしょう。そして何より刃物が直接肌に触れるため、お肌にとって負担となってしまう点が大きなデメリットになります。

しかし、脱毛サロンに通ったからといってムダ毛処理を完全にやめることは難しいですよね。そこで、肌に優しく自己処理できるカミソリについてまとめました。

興味のある人は読んでみてください。

あわせて読みたい
【厳選13選!!】肌に優しいカミソリまとめ!自己処理ダメージを減らそう!
【厳選13選!!】肌に優しいカミソリまとめ!自己処理ダメージを減らそう!【自分に合う「カミソリ」はどれ?】女性なら夏でも冬でも気になるムダ毛。脱毛していないから、毎日カミソリでムダ毛処理している人も、脱毛サロンに通っていない間に...

ムダ毛自己処理方法2:除毛クリーム

こちらも手軽かつ広範囲の除毛が出来ることから、人気の高い自己処理方法のひとつです。

カミソリと違い刃物を使用しないため直接的な肌のダメージを押さえたい理由で、除毛クリームを使う方も多くいるでしょう。

では除毛クリームを使ったムダ毛処理にはどんなデメリットがあるのでしょうか?

  • 毛質や生え方次第で効果に個人差が出る
  • 除毛クリームの成分により肌トラブルのリスクがある
  • 処理する際の独特な嫌なニオイが気になることも

除毛クリームは科学的なムダ毛処理ですので、個人差が出やすかったり、相性次第で肌への負担がリスクとして存在する点などが主なデメリットと言えるでしょう。

ムダ毛自己処理方法2:毛抜き

ムダ毛を根こそぎ除去したい人に毛抜きを使ったムダ毛処理は定番です。

一番の特徴は毛を抜く時の痛みですが、この痛みを中心に様々なデメリットやリスクが存在しています。

  • 毛穴の炎症、出血、細菌が侵入するリスク
  • 毛を抜いた時の刺激でメラニン色素が発生しやすい(黒ずみの原因)
  • 皮膚の下で伸びて埋もれる「埋没毛」が起きやすい

やはり「痛い=肌にとっては負担」である点が、毛抜きを用いたムダ毛の最も大きなデメリットとなっています。特にメラニン色素発生による黒ずみは、消えるまでにかなりの時間を要することが多いため、毛抜きを用いたムダ毛処理は正直おすすめできません。

脱毛サロンの様々な脱毛方法と痛みについて

技術の発展に伴い、近年の脱毛技術はめまぐるしく発展を遂げています。

脱毛方法も様々なものが開発されており、仕組みや効果もいろいろ。

そこで気になる「痛みの感じやすさ」も交えながら、様々な脱毛方法をご紹介したいと思います。

SSC脱毛

■仕組み:抑毛効果を持つジェルを塗り、その上から照射する脱毛方法

■痛み:肌そのものには反応しないため、痛みが少なく肌にも優しい

ハイパースキン脱毛

■仕組み:約37度の光を当てる脱毛方法

■痛み:温度が低いため熱さを感じず、熱や痛みに弱い人に人気

IPL脱毛

■仕組み:黒いメラニン色素に反応する光を照射する脱毛方法

■痛み:輪ゴムで弾かれたような痛みはあるが、我慢できる度合の痛みと感じる人が多い

SHR脱毛

■仕組み:毛が発生する根本部分のバルジに約60度の光を照射する脱毛方法

■痛み:弱い光を連続して当てるため、痛みが少ない脱毛方法のひとつ

針脱毛(ニードル脱毛)

■仕組み:毛穴に絶縁針と呼ばれる針を刺し、毛根の細胞に電気を流す脱毛方法

■痛み:脱毛効果が高い代わりに、針を刺されるような強い痛みを覚える

ワックス脱毛

■仕組み:専用ワックスを肌に塗り、一気にはがす脱毛方法

■痛み:一度にまとめて毛を引き抜かれる&肌も引っ張られるため痛みは強め。ただし、サロンや施術者の技術などによっても痛みの度合いが変わる。

脱毛の効果はいつから実感できる?

脱毛効果や効果を感じられるまでの期間については、脱毛方法により大きな違いが出るため一概には言えません。

ですが目安として人気の高いいくつかの脱毛方法に関する、効果と期間の関係性についてご紹介しておきましょう。

光脱毛の脱毛の効果

・2~4回目から毛の生えるペースが遅くなってきたと感じる人が多い

・5~6回目以降で自己処理が楽になり、効果を実感できる人がかなり増えてくる(光脱毛では6回の施術で約50%の脱毛が完了すると言われている)

・12~18回で自己処理不要となり脱毛完了と感じる人が多くなる

ニードル脱毛・レーザー脱毛の効果

・光脱毛と違い、施術を受けるごとに毛量の減りを実感しやすい

・5~6回で自己処理の必要なしと感じる人が多い

ちなみに脱毛方法には様々な種類が存在しますが、脱毛は体の仕組み的に毛周期に合わせて行う必要があるため、およそ2か月に1回のペースで施術を行うのがどの方法でも一般的です。

従って、脱毛完了の目安について光脱毛では2~3年ほど。ニードル脱毛・レーザー脱毛では約1~1年半が必要になると覚えておきましょう。

プランやコース選びのポイント

プロの手による脱毛を受ける場合、気を付けたいのが店舗やコースによって、1回の施術で受けられる範囲やトータルの脱毛期間が異なる点です。

・1回の施術でどの部位の脱毛を行うか?(全身の4分の1ずつ施術し、4か月で全身脱毛1回完了など)

・月額制、回数制プランの違い

・希望する脱毛部位のトータル脱毛期間

これらの点を考慮し、自分がいつまでに効果を出したいかを踏まえて希望に見合った脱毛サロンを選択しましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

15歳から脱毛サロンに通っていた根っからの美容オタク。コスメのレビューは、公平な目線で読者の役に立つことをモットーにしています。色彩検定1級。パーソナルカラー診断できます。キャリアに関するサイト「CareerHub( https://careerhub.jp/ )」を運営。

コメント

コメントする

目次
閉じる